RAKUIN

D90のISO別画質チェック

By Ventriloquist / CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

手持ちのデジイチ、Nikon D90のISO感度別の画質をチェックしてみました。

物撮り、特に文字とかが入ったものを撮る時に、ISO設定でどう変わるかをチェックするのが目的。景色等は「D90 ISO」「D90 レビュー」でググればきっといっぱい出てきますよ?

機材のスペック等

撮影サンプル

サンプル1:全体

縮小して使うならISO 6400でもさほど気にならないかも。Web用途ならガンガン行けそう。(クリックで拡大)

サンプル2:左上の拡大

白地に黒文字ならまぁまぁ。ISO 6400までいくとさすがに色収差?のようなものが。ISO 1600程度ならアリかも。(写真クリックで拡大)

サンプル3:左下の拡大

黒地に白文字。ISO 3200でしっかり荒れが目立つ。ISO 800ならアリかな。(写真クリックで拡大)

サンプル4:右上の拡大

影になる部分にノイズが目立つ。サンプル3と同様、ISO 800が限度か。(写真クリックで拡大)

サンプル5:右上ちょい下、プラ部分の拡大

パッケージのプラスチックカバー部分。やはりISO800程度が透明感保てるギリギリのところか。(写真クリックで拡大)

まとめ

個人的には3つ目が収穫。割り切ればISO 6400がいけそうなのは心強い。

D90はやっぱりなかなかいい子。初めて使う一眼ですが、この価格でこれならイイ気がします。
ムチャ言わなければちゃんと応えてくれますし。

あとはやっぱり撮る側の腕でしょうね。